6 thoughts on “ 名もない兵隊だったけれど - 中島光一* - 母と子の詩 ”

  1. Dec 09,  · 【黒歴史】私が托卵子だった。母のフリン相手が私にチクって脅迫めいた事をして、高校に入って数回エチまでする様になった 。 【不幸な結婚式】恩師「新婦ちゃんキレイだねー!これなら、俺が手を出してもよかったかなー?.
  2. 放置児が「お母さんに・・お母さんに・・」とうわ言を漏らすので 来たお巡りさんは私を母親と誤解し何やったのと怒鳴りつける始末 ご近所さんの証言でうちの子ではなく、むしろ近隣が迷惑している放置児だと理解してもらえた.
  3. 〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本と陶芸のある生活です。.
  4. 晩年の十年程はずっと病臥していた。昭和五十年代は自宅介護が当然だったけれど、母ちゃんはその間病人に床ずれ一つ作らせなかった。母ちゃんの献身的な介護によって迎えたおばあちゃんの百寿の祝いは、県からもお祝いが訪れ、わが家の盛儀だったね。.
  5. 昨年、おけいこと四角佳子さんについてブログを書きました。タイトルは『おけいと拓郎』。内容としては、おけいが十数年前にカムバックしていたことを今さらながら知り、その驚きを綴るとともにに、彼女のデビューの経緯や、拓郎との結婚離婚、カムバック後の活動にも触れました。.
  6. 孫の顔を見せに行くと、いつも喜んでくれるお母さん。今では「おばあちゃん」と呼ぶことも多くなったけれど、やっぱり自分にとっては「お母さん」ですよね。そんなお母さんの「あるある」を集めた感動の動画を見つけたのでご紹介します。.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *